犬の服の選び方!メリットも多々あります!


犬の服の選び方は!?

犬の服は、まず性別によってある程度色を考えてあげます。雄であったら青、雌であったら赤など性別に見合った色を選びます。犬自身はどの色でも感情に変化はありませんが、飼い主同士での交流時に性別を瞬時に判断できるので便利です。犬は、基本的に同性同士だと喧嘩になってしまう可能性が高いので、犬の服で瞬時に性別を判断できれば近づけさせないなどの工夫ができます。そして、窮屈にならないように体型に合ったものを選ぶのは基本です。

犬用服のメリットは?

犬用服のメリットは性別の判断や、単純に可愛くなるなど見た目的な部分に目が行ってしまいますが、機能面でも数々のメリットがあります。まずは汚れを防ぐことで、泥などが腹の毛につくことをある程度防止してくれます。汚くなると洗うのも時間がかかりますし犬も気持ち悪くてストレスが溜まります。そして、人間と同じように寒さからも守ってくれます。特に寒さに弱い犬種にはうってつけで、服を着させることで体を守ることができます。

犬を第一に考えた行動を

犬用の服は見た目的にも機能的にも良いですが、犬の事を第一に考えた行動や選択をしなければいけません。いくら人間が可愛いと思っても、犬が嫌がるそぶりを見せたら直ちに中止します。服を噛んで脱ごうとしたり、不快な表情などがあればそれはストレスが溜まっている証拠です。犬にとっては、服を着ること自体がイレギュラーなことなのでその事実を忘れてはなりません。大量に服を購入して着せ替え人形のように扱うのも好ましいとは言えません。

犬の服は着せる犬のストレスにならないようにサイズの調整や生地の感触に気を配ることが大切です。自作する際は飼い犬の体形や性格を考慮して、頑丈で着脱が容易な造りにすることが長く使い続ける条件になります。