みんなどうしてる?結婚指輪の正しい選び方


結婚指輪はいつ買ったらいいの?

結婚前というのは、とても忙しい時期ですよね。その中でも、結婚指輪というのは、絶対に買わなければいけないものではないので、順番が後回しになりがちです。結婚式で指輪の交換を行うのであれば、それまでに準備すればいいですが、納得がいかないカップルは挙式後に買うケースもあります。平均ですと、結婚式の3~6ヶ月前に買うカップルが多いようですよ。あくまで平均なので、早い人は1年前に買うこともあり、一概には言えません。

結婚指輪は誰が買ったらいいの?

結婚はとてもお金がかかります。結婚指輪のお金は、夫が負担したり、妻が負担するなど様々ですが、1番多いのが2人で負担するというものです。夫の分を妻が支払い、妻の分を夫が支払うことでお互いに買ったということになります。中には2人で貯めた結婚資金の中から出すというカップルもいるでしょう。これが正しいという答えはないので、それぞれが納得する形をとることで、納得して2人で長く使う指輪を買うことができるでしょう。

指輪は人気ブランドじゃないとだめなの?

結婚指輪いうと、ブランド物の高価なものを選ぶイメージがありますが、別にブランド物でなくても構いませんよ。2人が気に入ったデザインや、付け心地を重視して選ぶといいでしょう。高価な物は、プラチナなど高い金属を使っているので、さびにくいというメリットがありますが、市販のものはオリジナリティーに欠けるため、手作りでオリジナルの指輪を用意するカップルもいます。金額にこだわらず、好きなものを2人で一緒に選ぶというのが大切です。

結婚指輪は、マリッジリングとも言われています。男女が互いに贈ります。つける指は、左の薬指です。毎日身につけるのでデザインはシンプルなものが多いです。