室温の上昇を防ぐなどの利点が多く、インテリアとしても人気です


温度を防ぐなどの利点が多いです

壁面緑化の効果は、壁面に当たる直接日光を植物によって遮ることができるので、壁面の温度の上昇を防ぎ、建物内の温度を抑えることができます。さらに植物によって室内に入る日光も遮断できるという利点もあります。

また、緑化に利用する植物は、繁殖力が強い植物を利用することから自然と壁面に広がり、緑化させることができるので、費用の面でも抑えることが可能となっており、自治体によっては助成金などが発生するので、制度を活用すると良いです。

インテリアとしても注目されています

壁面緑化はインテリアとしても注目され、自然の雰囲気と環境にも優れていることから一般の住宅からビジネスビルまで広がっています。このため、インテリア雑誌や住宅雑誌などでも取り上げられるケースが増えており、最適な植物の紹介から壁面の手入れの仕方などを建築士やインテリアコーディネーターといったプロの方がアドバイスを行ない、実際に導入した方の体験記事なども掲載されているので、活用すると参考にすることができます。

導入によって電気代も抑えられます

壁面緑化するメリットは、夏場の日光を防いで室温の上昇を防ぐ他に、室温の拡散を抑えることができるので、冬場の寒さも防ぐことができます。このため、エアコンの冷房や暖房を使用する機会も少なくなり、電気代を抑えることができます。

このため、一般の家庭にも急速に広がっており、最近では壁面緑化に使用する植物を自治体や市民団体などを活用することによって無料で植物を手に入れることができるようになっており、場合によっては講座やセミナーも開催されているので、導入しやすい環境があります。

高層建築の物件で壁面緑化を行う場合、植物が綺麗に壁を這うように補助具で固定させる必要があります。また、枯れ枝や蔦の落下は事故の原因になるので、場合によってはネットなどで覆うことが安全確保の条件です。