腕時計の種類とメンテナンス方法


クォーツの詳細とメンテナンス方法

腕時計は大きく分類すると、クォーツと機械式時計に分類され、機械式時計は、さらにゼンマイの自動巻きと手動巻きに分類されます。クォーツとは、電池と電子回路で動く腕時計のことを言い、電池が残っている間は動き続けますし、時間の誤差もほとんどありません。手入れの方法としては、分解して清掃する方法がありますが、個人では難しく、専門店に依頼する必要があります。そのため、基本的には電子回路が故障すれば新しい時計を購入するか、部品を交換する必要があります。

自動巻き腕時計の詳細とメンテナンス方法

次に、自動巻きの腕時計ですが、自分の腕を動かすことによって内部のローターが回転し、その回転が歯車からゼンマイに伝えられ、自動でゼンマイが巻かれます。このため、電池交換の必要が無く、毎日使用する方に適した腕時計と言えますが、2日ほど置いておくと止まってしまい、毎日使用しない場合、頻繁に時間を設定する必要があります。メンテナンス方法としては、内部の油が4年ほどで酸化するので、そのまま使用すると歯車が摩擦で劣化してしまいます。このため、油を注いだり、内部を清掃する必要がありますが、個人では難しいので、こちらも専門店に依頼する必要があります。

手動巻き腕時計の詳細と共通の注意点

最後に手動巻きの機械式時計ですが、こちらは自動巻きと異なり、手の動きで巻かれる構造にはなっていないため、自分で定期的に巻く必要があります。ただし、巻く力にも注意が必要で、あまり強く巻きすぎるとゼンマイが壊れる可能性があるため、取り扱いは慎重に行わなければなりません。メンテナンス方法は自動巻きとほとんど同じですが、こちらも自分で行うことはあまりお勧めできません。機械式時計には特に高価なものが多く、開閉や洗浄方法には高度な技術が必要となるため、必ず購入したメーカーか、専門店に依頼するようにしましょう。

ダミアーニとは1924年の創業以来、イタリアンジュエリーの優れた伝統を世界に伝え、現在の地位を確立しました。